庶務 総務のお仕事
HOME > 庶務の仕事 > 仕事始め式とは > 仕事始め式司会進行 > 仕事始め式立哨スタイルでの司会進行

仕事始め式立哨スタイルでの司会進行

工場や屋外等の現場での実施や、
 少人数で簡略して行う仕事始め式では、
  準備等の都合から、立ったままで式が行われます。

作業場や大人数で行う立証スタイルでの司会進行です。

 仕事始め式は、業種や業態によって普段の朝礼の延長のように行われる場合や、安全祈願や現場を主眼におき、あえて作業場の近くで行うことがあります。
 そのような場合、大掛かりとなる準備や後片付けが伴わない立った状態で式を行う場合があります。

・式の進行
 座席を用いた式の司会進行は、仕事始め式司会進行 へ
 
・開会の辞(開会のあいさつ)
 「一同、気を付け。只今より、平成○○年仕事始め式を行います。※休め。」
 礼をする場合は、※の位置に
 「一同、礼。」
 「国旗(社旗)に対し、礼。」等を挟みます。

・役員挨拶(社長あいさつ、常務挨拶 等)
 「年頭にあたり、○○社長より、挨拶を戴きます。一同、気を付け。」
 <社長登壇>
 「一同、礼。」
 <社長挨拶>
 「一同、礼。」<社長降壇>「休め。ありがとうございました。」

 ・挨拶における進行の注意
 事前にどのタイミングで登壇・降壇して頂くか事前に打ち合わせて起きます。
 打合せが出来ない時は、必要に応じて行動を促す一言を挟み、進行を行います。
 号令を行っても登壇(降壇)されないとき、「○○ご登壇下さい。」「○○席にお戻り下さい。」

・決意表明
例1(壇上で決意を表明する場合)
 「続きまして、社員を代表し決意を述べさせていただきます。社員、気を付け」
 「社員代表(○○○○(役職氏名)」
 <社員代表登壇>
 <決意表明>
 「ありがとうございました。お戻り下さい。」
 <降壇>
 「社員、休め」

例2(壇上に対して決意を表明する場合)
 「続きまして、社員を代表し決意を述べさせていただきます。一同、気を付け。社長、ご登壇下さい。」
 <社長登壇>
 「社員代表(○○○○(役職氏名)」
 <社員代表壇前へ>
 <決意表明>
 「ありがとうございました。お戻り下さい。」
 <降壇>
 「一同、休め」

・年頭表彰
 「引き続き、年頭表彰を行います。社長、ご登壇下さい。」

例1(個人表彰)
 「名前を呼ばれた方は、前へお進みください。」
 「○○○○○賞(賞の名称)○○○○○○(氏名)」

例2(部門等の表彰)
 「○○○所(賞の名称) ○○所(表彰部署等) 代表○○○○○(役職 氏名)」

例2(グループ等の表彰)
 「○○○○表彰、名前を呼ばれた方はその場で返事をお願いします。」
 「○○(氏名)、○○(氏名)、○○(氏名)・・・」
 「以上代表、○○、前へお進みください。」

 「受賞者のみなさん、おめでとうございます。社長、ありがとうございました。(お戻り下さい)」

・閉会の辞(閉会のあいさつ)
 「一同、気を付け。以上を持ちまして、仕事始め式・年頭表彰を閉会します。一同、礼。」

・式後の案内
 「念頭表彰の受賞者は、この後○○にて記念撮影を行います。会場にてお待ちください。」

仕事始め式とは内メニュー

ページのトップへ戻る