庶務 総務のお仕事
HOME > 総務の役割 > 総務のやりがい

総務のやりがい

総務は目立つ職種ではなく、イメージし難い職種です。
 しかし、他の職種にはないやりがい。
  魅力溢れる仕事です。

総務は会社運営に必要不可欠な重要な仕事

・総務職の役割とやりがい
 総務職(内勤の事務員)は、
 ・専門性が少ない単純事務(営業事務・経理事務等)の日々の業務が決まり変化の少ない仕事。
 ・専門的な知識による業務が中心な主に庶務・人事などで日々発生する問題。予見される問題の解消に携わる専門事務。
 ・専門的で企画や提案等を行う提案事務 等に大別されます。
 職務の違いからどれもも異なる業務ですが、其々にやりがいのある仕事です。

・営業事務(単純事務作業)のやりがい
 日々の電話の応対。郵便物の発送。伝票の記入。データの入力。これらの業務一つ又は複数を延々と反復する業務が担当である場合があります。
 内勤の事務員は、応募者の多い職種ですが単調な業務の担当になり、やりがいの見いだせない人が多いのも事実。
 しかし、どのような単調な仕事であってもなくては事業が滞ることを考える必要があります。
 また、単調な仕事ゆえに自身の工夫により、より正確に。より効率的に行うことで周囲からの信頼を高めることができることがやりがいとなります。

・専門事務のやりがい
 経理の中の財務分析。外部や内部の日常におきる問題対応を行う専門的な事務作業です。
 法令による各種手続き。必要な計算等が伴う業務であり、業務に伴う知識が相応に必要な業務です。
 どれも不備は許されない事務の中でも特に責任の重い業務であり、大きなストレスを抱える業務でもあります。
 決して目立つ仕事ではありませんが、問題が発生した時に頼りにされる存在であり、その期待に応えれることが最大のやりがいです。
 どのうような事案にも対処できるスキルを持つことも大きな目標となります。

・企画提案事務のやりがい
 経営方針の具現化。事業の見直しから、新規設備の導入等、大小の差はあっても何もないところからの企画。
 解決されていない問題。顕在化していない問題から今後に向けたの提案を行う事務です。
 単に専門的な知識が必要だけでなく、経営からの視点。マネジメント能力が必要となる職責の大きい業務です。
 経営や事業運営に対する大きく寄与できることが最大のやりがいです。


・やりがいを感じるかどうか
 最終的にやりがいを感じるか感じないかは個々人の感性の問題です。
 望んで総務になった者。望まずに配属された者とでは最初からそのモチベーションに開きがあります。
 自ら日々の仕事にやりがいを感じることができず、苦痛であることは大変不幸なことです。
 性に合う合わないということもあるでしょう。
 転職や配属転換を考えることもできます。
 しかし、改めて自身の業務の重要性。必要性を見出し総務の仕事にやりがいを感じれると良いと思います。 。
次ページ:総務業務の仕分け

総務の役割内メニュー

ページのトップへ戻る